食」で生産者と食卓を笑顔にします

株式会社甫木商店では生産者や市場で直接仕入れた新鮮でおいしい野菜・果物を販売しています。
生産者の方々が大切に育てた「おいしい青果」を「おいしい状態」で食卓へお届けします。
モノがあふれるこの時代だからこそ「旬の食材はなんなのか」「どんな人がどんな想いで作っているのか」もお届けします。

「​こだわり新鮮野菜」「おいしい果物」旬にこだわる青果店

業務内容

Business content

  • 青果・くだもの卸販売
  • ECサイト運営 販売

配送センター

distribution center

  • 衛生管理の徹底した配送センターを運営しています。

直営店舗

shop

  • 鹿島店を中心に17店舗の直営店がございます。

いり良い店、出よい店。

 私の家の近くに、特別ではないけど生活に欠かせないお店がある。野菜と果物を売るお店。なんだか雰囲気が良くて、いついってもいい品物が置いてある。扉はいつでも開いていて小さい子からお年寄りまでどんな人にも安心できる雰囲気がある。

 特別なにか、ってあるわけじゃないんだけどそこも普段着の生活になじむ感じがするから感じがよい。店内をうろうろ、美味しそうな野菜や果物が並んでいる。いいのに安いって商売の基礎をしっかり押さえているところがまず素敵だし、定番からちょっと面白いものまで置いてあるから必要は満たされるし、さらにちょっとわくわくさせてくれる。

この間は忙しくて少し疲れていて料理もしたくない気分だったけど、やっとでお店に足をのばしたら、なんだか美味しそうな野菜や果物がきれいに並んでいて、なんだかわくわくしてきて料理作りたい気分になれた。なんだかすごい。そして何も買わずに店を出た。たまたま作ろうと思いたった料理の材料が全部家にあったのだ。

 この店の神髄はここにある。曲がりなりにもここはお店だ。商売をしているのだ。普通はなにも買わずに出るのは気が引けるので必要はなくても一つくらいはなにか買ってしまう。それが普通だと思う。だけど、このお店はそんな気持ちにならない。表だってはいないけど、「わざわざいらないものは買わなくていいよ。あなたに必要なものがあるとき、その時はまたどうぞお買い上げください。」とでも言っているかのようななんだか本当にこちらの親身になってくれているような優しさと心意気がある。

 そう、ひとことで言うなら「出よい店」なのだ。「いり良い店」はまぁまぁあるけど、「出よい店」はそうそうない。なにも買わないで客を帰らせるとは一見商売下手のようだけど、そうじゃない。その逆で大変商売上手である。だって私はこのお店が好きで、家の近くにあってよかったとなくては困ると結果的に思わされている。

 デパートのような特別感や高揚感はないけれど、いい日も、悪い日も、嬉しい日も、パッとしない日も、何もない日も、いつもの生活の中でしずかにでもしっかりと日々を支えてくれる。縁の下の力持ち。その日にやっぱり気になって引き返して買った桃をデザートにしながらそんな事を考えた。その桃は言わずもがな、期待に違わず大変みずみずしく美味しくて、やっぱりいいお店だなぁ。と信頼はまた確かなものになっていく。


新鮮なお野菜をご自宅までお届け!ECサイトのご案内